IoTデータを活用して企業の価値を最大化

IoTデータの価値は、つながっているデバイスから生成される大量のデータをいかに活用できるかにかかっています。N3NのIoT EditorであるWizeyeは企業の持つ潜在データをいつでも実行可能なインサイトに変換させます。データ基盤のインサイトをもって迅速かつ正確な意思決定と運用が可能であり、企業価値の向上にもつながります。

ビジネスの運用プロセスを簡単に編集可能

Wizeyeは管理者が画面上で簡単にデザインして社内の異種データを可視化するソフトウェアです。
各産業の管理者はWizeye経由で各種のデータをディスプレイしてリアルタイムで確認することで、問題を容易に検知できます。さらには、迅速な問題解決や運用効率の向上にも役立ちます。





マップ・エディティング

簡単にマップが編集できる機能で、ユーザーが確認したいデータ(コンテンツ)を目的の位置に表示させることができます。ユーザー自らビジネスの運用プロセスをデザインすることができ、コンテンツを実際のデータと連動して編集できます。

  • Contents design & editing
  • Various design tools
  • Integration of video, chart, beacon, sensor data
  • Link with GIS map, image, blueprint






ルール・エンジン

ユーザーの管理するIoTデータに対し、利便性の高いUI上で[Feeder]と[Processor]に区分して定義します。収集された多様なデータを各ビジネスに合わせて加工し、可視化することで、データを最大限に活用することができます。

  • Various data integration
  • Real-time data collection & visualization
  • Correlations within business context
  • Data hierarchy based visualization





アラート機能

様々なリスク要素に対し、ビジネスフローをベースにしてアラートを出します。各業務の実際の状況を理解することで、時間とリソースが節約でき、*MTTD・MTTRを画期的に減らせます。

  • Clutter Free Smart Alarm Roll up
  • Single View Pane for Efficient & Clear Communication





リアルタイム・ビジュアライゼーション

多様な指標を基準に関連データをリアルタイムで収集し、IoTリソース間の関連性を定量的に可視化します。状態に対するアラートを交通信号のように表示し、異常兆候の発生時に直感的に確認できます。

  • KPI based status alarm
  • Visualization of physical/logical workflow
  • Zoom In & Out
  • SOP (Standard Operating Procedures) for urgent response activities


導入事例

CUSTOMER SUCCESS STORY
Smart Factory

GMP工程の見える化で異常管理およびリアルタイムで温度/湿度/差圧管理

Smart Operations

複雑なITインフラを相関関係ベースで論理マップで見える化し、問題原因を即時に把握

Smart City

各種の行政指標をリアルタイムで統合管理し、行政の透明性と効率性を向上

ASK AN EXPERT

Wizeyeの特長やメリットについて詳しくご紹介します