USE CASE

POSCO

遠隔に位置する工場のリアルタイム見える化でグローバル運営を実現

CHALLENGES

POSCOは環境にやさしい製銑技術で新しい生産ラインからのIoTデータをリモートで管理するための次世代モニタリングソリューションを探していました。POSCOは海外及び国内の遠隔に位置する工場のデータ及び映像をセキュリティを維持しながらリアルタイムで収集/保存/分析/制御できる IoT データを利用した品質管理を望みました。

  • メインシステム(SCADA / HMI)への遠隔地からのリアルタイムアクセス不可
  • リモートデータアクセス不可によるデータ収集時間の過多
  • 限られた人的資源のためPOSCP技術のグローバルサポート能力の不足
SOLUTIONS
  • 産業システム(SCADA / HMI)及び工程のリアルタイム遠隔モニタリング及び制御機能の構築
  • 簡単に編集が可能な直観的なUIの構成
  • リアルタイム映像をネットワーク帯域幅(Bandwidth)の問題無くの画面構成
  • リアルタイム映像、画像、データを活用したレポート機能の構築
  • ビッグデータエンジンの連動でリアルタイム設備、運営関連IoTデータ分析/表出
BENEFITS
  • リアルタイムの遠隔制御で効率的なグローバル運営の実現
  • SCADA、MAXIMOデータのリモートアクセスでデータを物理的な収集時間の短縮
  • SCADA「Time Series」分析と予想推定時間の短縮
  • オペレーション・プレイバック機能で新しい技術者の教育期間の短縮
KPI Before After Result
データ収集時間 4時間/1日 1時間/1日 3時間/1日の短縮
維持費 USD8.4Mil USD4.2Mil USD4.2Mil の節減
ネットワーク帯域幅 360Mbps/36HD 10/Mbps/36HD 350Mbps 減少
年間海外派遣費用 約USD6Mil 約USD1.2Mil 500% 減少