Supply Chain Solutions

Learn How Automation and Visualization is Changing the Landscape for Distribution Centers

IoT時代には、リテール商品の供給監視、在庫の追跡と管理、電子商取引、顧客プロモーションなどから、リアルタイムかつスマートにあらゆるデータを収集して分析することができます。リテールIoTは、大きく無線インフラ、QoE(Quality of Experience:経験品質)、そして顧客アプリケーションの3段階で進めることができます。

顧客アプリケーションと呼ばれるカスタム型のデジタル・サイネージやお勧め情報のモバイル発信などはすでに実装が進んでいます。ところが、中間段階であるQoE、すなわち、顧客体験の質の部分は、見逃しがちです。

顧客体験の質を測定し、管理することは非常に重要です。無線インフラと顧客アプリケーションを接続するN3Nのプラットフォームは、リテールのIT運用を簡素化し、高度な分析と状況認識が可能なビジネス・サービス・プラットフォームに移行させます。ネットワークを効率的に運用すれば、ユーザーのIoTデバイスを追跡し、ビジネス、営業、およびセキュリティに関する多様なデータを各状況や場所、時間に合わせて取得することができます。

リテール分野は、競争力を維持しつつ顧客の経験を向上させるために、無線ネットワークから生成された大量のリアルタイムデータと統計データを活用する必要があります。それは、店舗内の顧客のルートを追跡して、レイアウトや商品配置の戦略を向上させることができるためです。また、ビッグデータ分析を介して滞在時間を測定し、プロモーション管理システムと連携することで、プロモーションの効果を評価して改善することもできます。さらに、リアルタイム・データに基づいた予測分析は、顧客が各店舗を訪問中に適用することができます。たとえば、デジタルサイネージを変更して新しい製品を提案したり、リアルタイムで顧客のお気に入りを把握してレコメンドしたりすることができます。在庫が不足している場合は、近くの店舗から正確かつ迅速に在庫を補充することもできるでしょう。

リテール分野におけるIoT化は、顧客の経験の向上、サプライチェーン・コストの削減、新規需要の創出などで新たな機会を創出しています。N3NはQoEの向上に重きを置いてIoT化を進めています。N3NのWizeyeを導入すれば、顧客の実際の行動に基づいたニーズの創出、顧客経験の向上、そして有効なコスト管理を可能にします。