Retail Solution

Learn How to Improve Retail Margins with N3N’s Internet of Things Visualization Platform

E-コマースの発展で消費者との接点が増え、多くの物流センターの管理者には運用方法の改善が求められています。そして、デジタルと物理的な領域の統合を意味するIndustry 4.0が進むにつれ、物流センターのみならず生産現場、倉庫、貨物車、さらには販売チャンネルまでに影響を及ぼしています。

物流センターはサプライチェーンを構成する核心要素と言えます。サプライチェーンが統合管理できれば、新しい価値の創出につながり、製品のエンジニアリングと研究開発が促進できます。IoT化により、遅延(Delay)を減らし、応答時間を改善し、成長のための資産活用を最大化することもできます。さらに、物流センターの外部から発生するIoTデータとサプライチェーンのデータをもって、新しい製品及びサービスを提供するAfter Market (2次市場)の収益も創出できる上、顧客をより深く理解できるはずです。

物流センターを可視化すれば、既存の倉庫内の単純な在庫管理にとどまらず、競争優位を提供できる戦略的施設として、急変するビジネスにおける中核の役割を果たすことになります。プロセスの見える化が進められ、リード時間の短縮、人件費の削減、そして処理量の増加が促せます。

物流センター内の装備とデバイスはネットワーク経由で多くのデータを生成します。そして、そのデータに対しては、保存、分析および可視化が必要です。Wizeyeを利用すれば、物流センターのデータを分析および統合管理して見える化でき、企業の実務者および管理者がリアルタイムで単一画面を見ながらコミュニケーションを行うことができます。