Retail Solution

Learn How to Improve Retail Margins with N3N’s Internet of Things Visualization Platform

E-コマースの発展で消費者に直接運送する機会が増え、多くの物流センターの管理者は運営方法の向上を余儀なくされています。実際にデジタルと物理的な領域の統合のIndustry 4.0は物流センターのみならず生産現場、倉庫、製品を運搬する貨物車、さらには消費者が製品を接する販売チャンネルまでに影響を及ぼしています。

物流センターはサプライチェーンの革新要素と言えます。プロセスの統合でより円滑かつ費用の効率化を促進させます。サプライチェーンを通じ価値を創出することで製品のエンジニアリングと研究開発を含め、違うビジネスにも適用できるフィードバック・ループを提供します。IoT化は遅延(Delay)を減らし、応答時間を改善し、成長の為の資産活用を最大化することができます。さらに物流センター外部から発生するIoTデータとサプライチェーンのデータを主軸に新しい製品及びサービスを提供できるAfter Market (2次市場)の収益を創出し顧客をより深く理解することができるようになります。

物流センターは今までのような単純な倉庫内の在庫管理だけではなく、競争優位を提供できる戦略的施設として急変するビジネス運営の中枢の役割をします。最新テクノロジーで具現化される物流センターはリード時間の短縮、人件費の節減、そして処理量の増加を促します。よってエネルギー費用を減らす為のスマート施設の管理、人件費節減の為の自動化センサー及び予測分析を通じ稼働の中断時間を最小化し設備修理を迅速に処理することができます。これで物流センターの管理者は自由自在に産出量を高め費用を減らすことができます。物流センターからIoT技術を効率的に使用することは革新を意味するゲームチェンジャー(Game Changer)です。IoTの見える化は進化する物流センターの新しい道を開き、これを監督する人に新しいプロセスの可視性を提供し効率的で自動化されたシステムの統合されたビューを提供します。N3Nの物流センターソリューションで管理者は時間・費用を短縮する模範事例を作ることができます。

物流センターのIoTデバイスが増加するにつれ多くのデータを交換し統合することでサプライチェーンのステークホルダーが支援を効率的に割り当て潜在的な問題を回避や最小化をすることができます。全社的なインベントリー管理、注文処理、プロセス、リソース管理及び季節別需要対応等全ての面で有益です。物流センター内の装備と機械はネットワーク連結を通じ徐々に多くのデータを生成します。勿論データは保存、保安、分析及び見える化されなければいけません。N3NのIoT Editorでは物流センターのデータを分析及び統合して階層構造のUIで構成された単一画面で見える化することで企業の実務者及びステークホルダーがリアルタイムで画面を共有することができます。