INDUSTRIES

Limitless Visibility & Absolute Control of Internet of Things

IoT時代における企業の競争力はデータ・ガバナンスが確保できるかどうかにかかっています。各産業のデバイス、自動車、IoTインフラやセンサーからのデータ量は日々急増しています。これらのデータが活用できるならば、データ中心の意思決定が可能となり、企業のビジネスは大きな転機を迎えることになるはずです。

管理者の経験を基盤にした直観的な可視化

管理者がIoTデータを目で確認しつつ、自らの経験をベースに柔軟に活用できるプラットフォームを提供

ビジネスの実際のフローが反映された形でのデータ表示

データをただ並べるのではなく、運用者のニーズに合わせて加工および整列して見える化

物理的/論理的な作業のフローに合わせて見える化

各種の指標をベースに作業のフローとプロセスをビジネスと有機的にマッピング

リアルタイムな意思決定をサポートする簡単かつ直観的なUI

管理者のニーズに合わせて自由自在に画面を構成することで、問題の原因と解決方法の直感的な把握と実行可能なインサイトの発見をサポート

Telecommunications

通信デバイスが発展するにつれ、各企業が保有するIoTデバイスをいかに効率的に管理できるかに企業運用の効率性の向上が左右されています。IoTデバイスの見える化によって、顧客サービスが一元化でき、データの運用コストおよび会社内のコミュニケーションコストの削減効果が得られます。さらには、膨大な通信インフラに対する遠隔管理も可能になり、安定的なサービスの運用と共に顧客満足度の向上にもつなげられます。

Public / Cities

都市内の災害防止、セキュリティやインフラの管理、SOPの実行などのために、多様なデータをリアルタイムで見える化して行政や都市の管理者が都市のインフラを効率的に管理できる環境を提供します。都市内の事故だけでなく下水道施設、バスの利用率なども可視化でき、問題状況を迅速に認知して改善できます。

IT & Network

複雑なITインフラの効果的な管理方法とは、異常兆候を即時に把握(MTTD)して解決(MTTR)することです。Wizeyeは複雑なIT インフラの相関関係を論理/物理マップ(Logical/physical Map)で見える化するので、時間とリソースを大幅に削減できます。

Bio/Pharma

バイオ/製薬産業はGMP工程の高度化と単価の引き下げ圧迫によるコスト削減へのニーズが強く、体系的な工程管理と運用管理が求められています。IoTデータの見える化は、工程プロセスおよび運用の透明性が高められ、不良率の減少とコスト削減を可能にします。

Industrial / Manufacturing

製造業におけるIoTの潜在力は、設備状態、原料供給および製品需要などをリアルタイムでモニタリングすることで資産、製品および生産プロセスを最適化するところにあります。Wizeyeを導入すれば、リアルタイムかつ効率な品質管理ができるうえ、資産のライプサイクルをより正確に把握することで、運用システムの効率性および安全性を向上できます。

Hospitality

顧客の移動ルートの表示、サービスの遅延および障害の発生率、インターネットアクセス記録、データ使用量の分析などをベースに危険レベルを表示し、顧客に最適のサービス満足度を提供するQoE(Quality of Experience)の見える化を実現します。

Retail

リテールIoTは顧客経験の改善、サプライチェーン費用の削減および新規需要の創出などのような分野から新しい機会を提供します。Wizeyeはビジネス活動をわかりやすく単純化された形で見える化します。

Distribution Center

物流センターにおけるサプライチェーンの効率化の核心は物流センター内のすべてのデータの保存、分析、セキュリティ強化、そして可視化です。Wizeyeは物流センター内のデータを分析および統合し、レイヤーで構成された単一の画面に見える化することで、企業の実務者と管理者がリアルタイムで画面を共有できます。