USE CASE

CISCO

複雑なITインフラを相関関係ベースで論理マップで見える化し、問題原因を即時に把握

CHALLENGES

膨大なITインフラ(仮想マシンサーバー、アプリケーションなど)を管理している世界的な通信企業のCISCOは、管理システムで障害発生時に原因解明に多くのリソースを消費していました。また、CISCOは海外の膨大な ITインフラ全体を一目で確認し、問題の原因を早期発見し解決することを求めていました。

  • 複雑なITインフラ(1万台以上の仮想マシンサーバーと2000個以上のアプリケーション)
  • インフラ運用に関する可視性の確保が困難
  • 10種類以上の独立した管理システム
  • 問題の根本的な原因を把握するためのプロセスが不在で、修復まで長い時間を要する
  • ビッグデータソリューションの低いROI(投資対効果)(活用度5%以下)
SOLUTIONS
  • 複雑に構成されたITインフラを簡素化して可視化
  • ビッグデータ検索エンジンのSplunkとの連動
  • リアルタイムで閾値を超えるエラーを通知(イベント管理)
BENEFITS
  • ユーザーと管理者がデータを共有することができる、簡単かつ単一化されたユーザーインターフェイス
  • リアルタイムの通知機能でアクシデントを予防
KPI Before After Result
平均診断時間(MTTD)

平均修復時間(MTTR)

2日 1日 1日の短縮
ビッグデータ活用度 5% 100% +95%
安定性/有用性 +25%
運用費 -30%
FEATURE HIGHLIGHTS