AT&T、スマートシティ事業でN3Nの製品を採用

 

N3NはAT&Tがスマートシティ構築事業の主要プラットフォームとしてN3NのIoT見える化ソリューションWIZEYE(ウィズアイ)を採用した。AT&Tは2017年にマイアミ等アメリカ10の都市にスマートシティシステムを構築します。2019年まで100の都市へと拡張予定である。AT&Tスマートシティ事業のリード社であるシスコ(CISCO)はIBM、オラクル等アメリカ内主要分野別ソフトウェア業者の製品から見える化ソリューションでN3NのWIZEYE(ウィズアイ)を採用した。シスコ(CISCO)は2014年IoT分野で韓国内初の投資企業としてN3Nを選び技術を認定した。スマートシティ事業にアメリカ外でのソフトウェア業者の中では唯一である。

N3NのWIZEYEはスマートシティの革新プラットフォームの構成要素として装着される。WIZEYEは都市内の災害防止、防犯、インフラ管理、自動運転車等の多様なデータを迅速に簡単に見える化する。AT&Tが昨年に1次プロジェクトを完了したアメリカのマイアミ・デイド郡はN3Nソリューションでリアルタイムで都市状況を把握する。事故だけでなく水道施設、バス乗り場の使用人数等を見ることができる。マイアミを初めとしてAT&Tが構築する10の都市はN3Nのソリューションが統合管理します。

全世界でもスマートシティ構築事業はブームを迎えた。アメリカだけでなくインド政府も‘スマートシティ・ミッション’プロジェクトを進行、2020年まで100個の都市と地域にスマートシティのインフラを構築する。現在のインド内の4つの地域でスマートシティプロジェクトを進行している。インドのスマートシティプロジェクトにもN3NのWIZEYE(ウィズアイ)が導入される。

N3NはIoT市場でも注目度が高まっている。リアルタイムデータの見える化部門で他ならぬ技術を保有していると評価受けた為である。今回のAT&Tスマートシティプロジェクトに参加したオラクルとIBMもリアルタイムデータの見える化部門を志願できなかった。IoTシステムの具現の革新はサイトからシステムを運営する実務担当者が自由自在に状況をモニタリングし調節することである。N3NのWIZEYE(ウィズアイ)はリアルタイムデータを収集し直接見せることで利用者(実務担当者)の利便性を高めてくれる。世界主要製造・流通・通信社等から製品の導入のお問い合わせがある中でアメリカ、日本等の主要国家の大企業と最終契約を結び大型プロジェクトのスタートを切ろうとしている。

N3NのCEOは「海外と国内製造、流通、物流等産業別IoTプラットフォームの構築事業に積極参加する予定だ」と「オンプレミスとクラウドのサービス型ソフトウェア(SaaS)を全部支援し、顧客が望む環境で迅速にシステムを構築できるよう進める」と話した。