Smart Factory Japan 2017

 

専門家のノウハウをデザインし活用するIoTの見える化ソリューション

グローバルIoT見える化専門企業のN3Nが2017年6月07日~09日に東京ビックサイトで開いた‘スマートファクトリージャパン2017’に参加し大きな関心を集めた。長らく産業現場のデータ見える化を研究したN3Nはスマートファクトリーに運営プラットフォーム導入を通じ企業内のIoTデータを簡単に構築し運営することで迅速で正確に意思決定をできるようにした。スマートファクトリーに適用されるN3NのIoTの見える化ソリューションはインターネットと連結されるモノ(Things)が増えるIoT時代に短期間で簡単に構築が可能という特徴である。

今回の展示会のテーマ又は’未だに専門家のノウハウを文字で学んでいますか?’でIoT時代にリアルタイム映像を含んだ主要データを簡単に見える化することで産業分野の専門家や運営者のノウハウと経験を共有し、これを基盤に洞察力を導き出すというものだ。これは究極的に産業分野から長い間蓄積された専門家のノウハウを先端IoT技術とつなぎ合わせ活用することで生産性を高め費用を節減することができる。

N3Nが提案するスマートファクトリーの構築の最初の段階は専門家(運営者含め)が見たいビジネステーマを選定する事から始まります。その次にN3Nのエディターで自身のウォークフローに合わせビジネス運営のプロセスをデザインしIoTデータを連結を簡単に編集できる事が革新である。

一方でスマートファクトリージャパンの展示会ではモノのインターネット(IoT)技術を活用し製造業の革新を求める日本内企業が参加し沢山の企業が簡単に構築が可能で直観的なUIを自慢するN3NのIoTの見える化は多くの関心を集めた。

 

> BROCHURE DOWNLOAD

> WATCH DEMO