製薬工場に‘スマート・ファクトリー’を適用すると…

 

IoTの概念を導入し不良品ゼロに挑戦

精密な工程をを要する製薬工場にモノのインターネット(以下IoT)の概念が導入されながら不良品を画期的に減らす為の動きが起きている。

世界の約20ヶ国に進出し、年ごとに超高速成長を記録しているグローバル企業であるHUGEL(ヒュージェル)は大半の生産及び経営データをスプレッドシートに依存していました。また生産や経営に必ず必要なデータは出入りを厳格に制限した研究及び生産施設に直接訪問し得ることができた。

これにHUGEL社は近年話題として挙がっているIoTを活用し、作業現場の手記情報に依存していた既存の工程をセンサー基盤に転換し効率性を最大化した知能型工場を構築し、より効率的なビジネス運営を望んだ。

N3NのWIZEYE(ウィズアイ)はリアルタイムで生産及び工程のセンサー及び映像を含んだ全ての産業及び物流データとERPを一つの画面(single pane of glass)に統合提供しHUGEL社は医薬品の生産工程全体をより効率的に運営及びモニタリングすることは勿論のこと、物流及び販売までもリアルタイムで管理することと思われる。また施設管理者、安全及び保安運営部署、研究所及び経営陣は早く正確な運営の可視性を確保し問題の診断、迅速な意思決定及び事故防止等をすることができると期待している。

N3NのWIZEYE(ウィズアイ)は製品の生産から最後の消費に至る過程を遠隔で一目に確認し最上の品質を維持し管理できるバリュー・チェーン を見える化することで費用と効率性の面から可視的な成果を見ることができた。これにHUGEL社の生産本部長は「見る必要があったが見れなかったデータを簡単に見える化し、管理することでこれから発生する不良ロットを画期的に減らせると考えている」と「導入後には迅速で正確な対応で不良品のゼロに挑戦する」と云った。