USE CASE

MAXIMUS

データセンターの見える化でリアルタイムでの異常兆候の把握および処理

CHALLENGES

米国内で医療関連の政府行政サービス(マーケットシェア率 50%)を提供しているMAXIMUSは様々な地域のデータセンターにて数千種類のアプリケーションを管理しています。ITインフラが複雑で、問題の発生時に原因把握が困難であるため、意思決定時に遅延がありました。そのため、多数のデータセンターと散在するアプリケーションを一元管理することを求めていました。

  • 複雑に絡み合っているシステムのデータインフラの把握
  • データ移行による潜在的なリスク要素の予測および除去
  • データの依存性(Dependency)、相関関係(Correlation)とメトリックス(Metrics)を含む論理マップの構築を通じた見える化
SOLUTIONS
  • アプリケーションの依存関係の確認
  • データセンターの移行管理の実行
  • 統合された単一の画面上のすべてのアプリケーションの識別/見える化
  • 使用/未使用アプリケーションリストの作成
  • リアルタイムの警告システムおよびモニタリングシステムの提供
  • 危険レベル別のメトリック設定での段階的な標識機能
  • アプリケーションのダウンタイムの事前防止
BENEFITS
  • 予防的な警報システムで事故発生前に問題を認知
  • 顧客アプリケーションに対するインテリジェントなリアルタイムモニタリング
  • リアルタイムデータを通じて得た即時のインサイトを基に迅速な問題解決が可能
FEATURE HIGHLIGHTS