USE CASE

CARNIVAL CRUISE

QoE(Quality of Experience)の見える化でリアルタイムデータの統制力を
確保し顧客カスタイマイズ型IoTサービスを実現

CHALLENGES

クルーズ会社であるカーニバルクルーズは 「オーシャン・メダルリアン」サービスを通じてスマート・デバイスを顧客に配布し、顧客の動線と行動情報等をリアルタイムで収集及び分析し顧客カスタマイズ型サービスを提供することを望んでしました。特に航海中の船舶の様々なITインフラを効率的に管理し、顧客サービスの状況情報に対する可視化が切実な課題となりました。さらに顧客のwifiサービスにおけるクレームで払い戻し手続き等が売上に多大な影響を及ぼしていました。

  • お客様の乗船満足度の向上
  • ITインフラの効率的な管理
  • 乗船IT担当者のリアルタイム船舶のITインフラの現状把握のための可視性の確保
  • Wifiサービスの品質向上
SOLUTIONS
  • Wi-Fiアクセスポイント(Aps)からデータを収集及び分析
  • マップ基盤でサービス、アプリケーション、ネットワークインフラから顧客の移動経路、Wi-Fi使用量、アクセスポイントをリアルタイムで見える化
  • 船舶内の多様な運営データ及びネットワークを統合したリアルタイム管理
BENEFITS
  • サービスの遅延及び問題発生時の対応時間の短縮で払い戻しの要請が20%減
  • 顧客の移動による効率的な乗務員の配置
  • 顧客のQoE (Quality Of Experience)の等級化でサービス満足度向上