USE CASE

SK-H

精密加工製品の見える化でリアルタイム品質管理を実現 (Wafer)

CHALLENGES

SK-H社はFab内に散在しているEnd-to-Endのビッグデータ分析情報を認識しやすい形で見える化することを望みました。また問題の原因を早期に発見し、リアルタイムで対応できるモニタリングシステムの構築の必要性を感じました。

  • 各工程・装備別情報をリアルタイムでモニタリング
  • 生産過程での収集データを活用した品質改善
  • 工場メンテナンスコストの最小化
SOLUTIONS
  • ビッグデータの分析内容を直観的なUIで構成しリアルタイムでのエラー把握が可能
  • End-to-End 管理を通じて既存の分散されていたモニタリング画面を統合
  • 全データを一箇所に集め遠隔での工程装備及び製品ライフサイクル管理機能を具現
BENEFITS
  • 生産設備の状態予測及びリアルタイム診断で工場の稼働率及び製品の収率を向上
  • ビッグデータ活用で得られた生産条件及び環境に対する設定値の適用で生産及び品質の最適化を実現
  • 蓄積したデータを基に事前整備を行いシステムエラーの予防及び診断を実現