USE CASE

HUGEL

GMP工程の見える化で逸脱管理及びリアルタイムの温度/湿度/差圧管理

CHALLENGES

HUGEL社は国内市場だけでなく世界20ヵ国に進出し毎年顕著な成長を記録しているバイオ医薬品企業です。しかしリアルタイムデータを収集するシステムがなかった為に急増する需要に応じたプロセスデータの効率的な管理が困難でした。

  • リアルタイムデータの収集し管理するシステムがなかった為に効率的管理が困難
  • 運営データが個人のコンピュータに散在し、データ経営に関する組織内の認識が不足
  • 各事業部/担当者が異なるデータ及び資料で会議に臨むことでコミュニケーション効率の低下
  • 逸脱及び微細な生産条件の変化による品質上の問題発生
SOLUTIONS
  • GMP(Good Manufacturing Practice)工程の品質及び運営の観点からの見える化(逸脱管理)
  • 全工程を対象にしたリアルタイムの生産/ 設備データを収集、分析及び遠隔操作(RDS)
  • 遠距離の独立システムに対するデータ収集及び遠隔操作
BENEFITS

HUGEL社はGMP工程の見える化を基盤にした経営で逸脱管理、エネルギー節約及び最適化された年間生産を実現しました。

  • 工場運営の効率化でリアルタイムAPR(Annual Production Review)を実現
  • OOT(Out of Trend)予測を通じた逸脱管理及び不良ロットを大幅に減少
  • GMP(Good Manufacturing Practice)データの分析及びトレンド追跡を通じてエネルギー資源の節約
  • 高速かつ正確な報告システムにより問題の原因特定及び迅速な意思決定
  • 逸脱管理/ ロット情報の追跡等を通じて不良品の早期発見で約30億ウォン(3億円相当)の損失を防止