USE CASE

AT&T

IoTデバイスの利用情報の見える化でIoTに対する統合管理を実現

CHALLENGES

AT&Tは、顧客のIoTデバイスから収集できるデータが限られた範囲でのみ収集/整理されていました。したがって収集可能な情報を活用し、より効率的にコミュニケーションすることを求めていました。

  • 顧客のIoTデバイスのデータ管理
  • 収集されるリアルタイムデータの活用およびコミュニケーションが可能な直観的な見える化が必要
SOLUTIONS
  • AT&Tの通信ネットワーク内で顧客が使用しているデバイスを連結して見える化
  • AT&Tから特定の顧客に提供しているデバイスの活性/非活性状態を国別に確認できる統合画面の構築
  • 衛星を介して配信されるIoT デバイスの動作状態をリアルタイムで表出
  • 期間別のデータの統計値を自由に編集し、必要に応じて多様な分析結果を導出
  • 法人企業がAT&Tを通じて受信するすべての情報に対する一元化された窓口の提供
BENEFITS
  • 一元化された画面で国別のIoTデバイスの現状を把握
  • 各部署が各々顧客に対応していた状況を改善し、顧客サービス運用の一貫性を向上
  • IoTデータの運用費用および国内外のコミュニケーション費用の削減
  • 収集されたデータを基盤にデバイスの自動制御サービスを開発可能