USE CASE

AT&T

顧客のIoTデバイスの利用情報を見える化したIoT マネジメントの具現

CHALLENGES

AT&Tは顧客に提供しているIoTデバイスから収集可能なデータを限られた範囲でのみ整理されていました。したがって収集可能な情報を活用し、より効率的にコミュニケーションすることを望みました。

  • 顧客に提供されたIoTデバイスのデータ管理
  • 収集されるリアルタイムデータの活用及びコミュニケーションが可能な直観的な見える化が必要
SOLUTIONS
  • AT&Tの通信網の顧客が使用する全てのデバイスを連結し見える化
  • AT&Tから特定の顧客に提供するデバイスの活性化状態を国別に確認できる統合画面の構築
  • 衛星を介して配信されたIoT デバイス動作状態をリアルタイムで表出
  • 期間別にデータの統計値を自由に編集し必要に応じた分析結果の導出
  • AT&Tを通じて顧客企業が受信する全ての情報の一元化された窓口の提供
BENEFITS
  • 一つに統合された画面で国家別IoTデバイスの現状把握
  • 各部署が顧客を対応していた以前とは異なり、顧客サービス運営の一貫性向上
  • IoTデータの運用費用及び内外のコミュニケーション費用の節減
  • 収集されたデータを基盤にしたデバイスの自動制御サービスを開発可能